市場ニュース

戻る
2015年12月23日13時10分

【為替】東京為替:ドルは121円02銭近辺で推移、中国株続伸への期待残る


ドル・円は121円02銭近辺で推移。中国本土株は小幅高で推移しているが、続伸へ期待は残されているようだ。中国本土株の上昇はリスク選好的な円売り・ドル買いを促す可能性があり、ドルはやや下げ渋っている。120円90銭以下には個人勢などのドル買い興味が残されているようだ。ここまでドル・円は120円95銭から121円14銭で推移。

ユーロ・ドルは伸び悩み、1.0933ドルから1.0957ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、132円30銭ら132円66銭で推移。

■今後のポイント
・米国株続伸でドル下げ渋りとの見方
・中国本土株の上昇期待

・NY原油先物(時間外取引):高値36.56ドル 安値36.28ドル 直近値36.38ドル

【要人発言】
・エヴゲーニィ・アファナーシエフ駐日ロシア大使
「ロシアは両国間の観光振興を目的とし、日本とのビザ制度を完全撤廃する用意がある。」

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均