市場ニュース

戻る
2015年12月23日10時55分

【市況】味千チャイナがアグリビジネス投資、江蘇の鶏卵生産業者に出資へ


日式ラーメンチェーン大手の味千HD(538/HK)は22日引け後、子会社を通じ、鶏卵生産の江蘇鴻軒生態農業公司に出資することを明らかにした。4335万人民元(約8億1000万円)を投資する。出資比率は9.44%となる運びだ。

また、江蘇鴻軒生態農業公司は今後、味千チャイナに鶏卵を供給する。さらに、江蘇鴻軒生態農業公司が運営するオンライン販売サイトで、味千チャイナの袋めんなどを販売することにも合意した。

味千チャイナは今回の出資について、健康志向が高まり、有機農作物の需要が拡大する中国で、成長性の高い農業関連事業に投資する良好なチャンスを狙ったものと説明。中国でのサプライチェーン拡大にもつながると言及した。

味千チャイナは日本式とんこつラーメンの中国最大手チェーンを展開。日本で「味千ラーメン」を展開する重光産業とフランチャイズ契約を結び、中国本土や香港、台湾で合計664店を展開する(15年6月末)。調味管理を重光産業に委託するほかは、出店戦略や生産体制の整備などを自社で手がける。拡大路線を突き進み、03年に13店舗のチェーンでスタートして以来、10年には500店舗を突破。わずか7年間で規模が40倍に達した。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均