市場ニュース

戻る
2015年12月22日20時26分

【為替】欧州為替:ドル底堅い、原油下げ渋りと米先物のプラス圏で


ドル・円は欧州市場で120円84銭まで下げた後は売り一服。足元では121円10銭付近まで値を戻している。米原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が安値圏ながら36ドル付近で下げ渋っているほか、米ダウ先物が時間外取引でプラス圏推移となっていることから、ドルは底堅い値動きが続いているもよう。


欧州市場では、ドル・円は120円84銭から121円15銭、ユーロ・ドルは1.0906ドルから1.0944ドル、ユーロ・円は132円10銭から132円33銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均