市場ニュース

戻る
2015年12月22日19時27分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・長島氏:来年早々、子供の貧困解消のための超党派議連を立ち上げる


民主・長島議員は「これはほんの小さな一歩。断片的な政策ではだめ。子供を産めば産むほど負担が軽くなる包括的な支援の仕組みづくりが急務だ。来年早々、子供の貧困解消のための超党派議連を立ち上げる」とツイート(12/22)

報道によると、政府は21日、子どもの貧困解消や児童虐待防止への政策パッケージをまとめた。貧困解消策では、ひとり親や子どもが2人以上いる世帯への支援を強化する。来年度予算案に具体策を盛り込むようだ。高齢者を対象する給付金は選挙目当ての策を批判されたが、ここに来て貧困解消策を提示した。ただし、問題となるのはその内容だ。支援を強化することでどのようなことが期待できるのか? 教育の問題もある。財源を大規模な消費増税で賄う可能性もあり、今後の動向が注目される。現時点で株式市場にとっては中立的な要因か。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均