市場ニュース

戻る
2015年12月22日16時20分

【特集】平和不動産 Research Memo(11):財務基盤の健全性を維持


■会社概要

(5)財務状況

平和不動産<8803>の2016年3月期第2四半期の財務状況は前期末から大きな変化はみられない。総資産に関しては、前期末比37億15百万円減の2,940億21百万円となった。主な減少は棚卸資産の売却等による販売不動産の減少34億73百万円などである。

総負債は前期末比40億13百万円減の2,014億24百万円となった。営業未払金が34億73百万円減少したことなどが要因である。

流動比率および自己資本比率に若干の変動はあるが、安全性に問題はない。リーマンショック以降の財務改善の努力の中で、D/Eレシオ(有利子負債÷純資産)を2.61倍(2012年3月期)から1.77倍(2016年3月期第2四半期)に改善させている点は評価に値する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均