市場ニュース

戻る
2015年12月22日16時14分

【特集】平和不動産 Research Memo(6):配当性向30%水準、年間22円配当を維持


■株主還元策

日本橋兜町再開発などのためには内部留保が重要な時期が続くため、平和不動産<8803>の配当性向は「30%程度」の水準を維持する方針だ。2016年3月期の配当は上期11円(実績)、下期11円(予想)、年間22円が予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均