市場ニュース

戻る
2015年12月22日14時32分

【市況】14時30分時点の日経平均は20円高、東芝が後場一段安で売買代金はトップに


14時30分時点の日経平均は前日比20.13円高の18936.15円。後場の値幅は13時07分の高値18939.82円、12時49分の安値18892.14円の域を出ない小動きに。一方、ジャスダック平均はじりじりと下げ幅を拡大している。上海総合指数はやや下げ幅を縮め0.3%安。

売買代金上位30銘柄は高安まちまち。東芝<6502>は後場一段安で下げ幅は一時13%超に。また、売買代金ではトヨタ<7203>を抜きトップとなっている。一方値上がりでは、キヤノン<7751>が上げ幅を広げている。そのほか、三井住友<8316>がプラス圏を回復。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均