市場ニュース

戻る
2015年12月22日10時49分

【経済】(中国)上海総合は0.01%高でスタート、一連の景気対策期待などを好感


22日の上海総合指数は買い先行。前日比0.01%高の3645.99ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時41分現在、0.10%安の3638.81ptで推移している。2016年の経済政策方針を討論する「中央経済工作会議」はきのう21日に閉幕。ここでは、積極的な財政支援の拡大や、住宅在庫の消化加速、国営企業の再編に対する金融システムのサポートなどが提出された。また、人民元相場の落ち着きなども好感されている。一方、最近の上昇で足元では高値警戒感が強まり、売り圧力がやや強まっているもようだ。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均