市場ニュース

戻る
2015年12月22日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):ネクスト、キリンHD、ミツミ、ティラドなど

■ネクスト <2120>  1,540円  +100 円 (+6.9%)  09:06現在
 21日に発表した「11月売上高は52.9%増」が買い材料。
 11月売上高は前年同月比52.9%増と、今期に入り8ヵ月連続の前年比プラスと好調を維持した。

■キリンホールディングス <2503>  1,685円  -86 円 (-4.9%)  09:06現在
 21日に業績修正を発表。「今期最終を一転赤字に下方修正」が嫌気された。
 キリンHD <2503> が12月21日後場(14:15)に業績修正を発表。15年12月期の連結最終損益を従来予想の580億円の黒字→560億円の赤字(前期は323億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。
  ⇒⇒キリンホールディングスの詳しい業績推移表を見る

■ミツミ電機 <6767>  668円  +40 円 (+6.4%) 特別買い気配   09:06現在
 21日に発表した「ミネベアと経営統合で合意」が買い材料。
 ミネベア <6479> と17年4月に経営統合することで基本合意。経営統合は株式交換で行い、同社株主に対してミネベア株式を割り当てる。同社の開発技術・製品とミネベアの量産力を融合し、顧客基盤・販売の拡大や製造コストの低減などのシナジー効果の創出を目指す。

■ティラド <7236>  207円  +15 円 (+7.8%)  09:06現在
 21日に発表した「株主優待制度を導入」が買い材料。
 株主優待制度を導入する。3月末時点で1000株以上を保有する株主を対象に、食品や電化製品、雑貨などから商品を選択できるポイントを贈呈する。

■セレス <3696>  1,460円  +90 円 (+6.6%) 特別買い気配   09:06現在
 21日に発表した「ビットコインサービス企業に追加出資」が買い材料。
 ビットコインサービス「ビットバンクウォレット」「ビットバンクトレード」などを提供するビットバンクへ追加出資を行い、業務提携する。

■シンワアート <2437>  315円  +24 円 (+8.2%) 特別買い気配   09:06現在
 21日に業績修正を発表。「上期経常を4.2倍上方修正、通期も増額」が好感された。
 シンワアート <2437> [JQ] が12月21日大引け後(16:30)に業績修正を発表。16年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常損益を従来予想の3500万円の黒字→1億4800万円の黒字(前年同期は1500万円の赤字)に4.2倍上方修正した。
  ⇒⇒シンワアートの詳しい業績推移表を見る

■トランスジェニック <2342>  758円  +45 円 (+6.3%) 特別買い気配   09:06現在
 21日に発表した「GANPマウス技術をライセンス供与」が買い材料。
 GANPマウス技術で作製した特定抗体を使った診断薬について、グローバルヘルスケア企業1社(非開示)と、全世界での独占的製造・販売実施権を許諾するライセンス契約を締結。同社は開発状況に応じたマイルストーンや販売金額に応じたロイヤリティなどを受領する。

■東芝 <6502>  250円  -4.8 円 (-1.9%)  09:06現在
 21日に業績修正を発表。「非開示だった今期最終は赤字拡大、未定だった配当は無配転落」が嫌気された。
 東芝 <6502> が12月21日大引け後(15:15)に業績・配当修正(米国会計基準)を発表。非開示だった16年3月期の業績予想は連結最終損益が5500億円の赤字(前期は378億円の赤字)に赤字幅が拡大する見通しと発表した。
  ⇒⇒東芝の詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「リストラ実施、6800人の人員対策」も売り材料。
 パソコン、映像、家電のライフスタイル事業で構造改革を実施。3事業合計で6800人の人員再配置や早期退職などの人員対策を行う。
 同時に発表した「中国社にインドネシアTV工場売却」も売り材料。
 中国スカイワースにインドネシアのテレビ・二槽式洗濯機製造拠点である東芝家電製造インドネシア社を売却することで合意した。譲渡額は約30億円と試算。16年3月までに売却を完了させる予定。

株探ニュース

日経平均