市場ニュース

戻る
2015年12月22日08時44分

【市況】【今日の相場見通し】本日の予想レンジ 18,750円~18,950円。 

 米ダウ平均は、連日の大幅下落による値ごろ感から自律反発となり、3日振りに上昇して取引を終了。ただ、シカゴの日経平均先物は、小幅な値上がりに留まって取引を終えていることから、東京市場の朝方は売り買い拮抗から、やや弱含みの取引開始となりそうだ。

 一巡後は、クリスマス休暇による海外参加者減少の影響で、マーケットは方向感の乏しい展開が想定され、国内組も祝日を前に積極的なポジションを取り難く、原油価格も引き続き軟調な値動きとなっていることから、本日も指数の上値は重い値動きが予想される。

 テクニカル的には、昨日の取引でも前場は割り込みながら、後場の急伸で再び浮上を果たすなど、75日移動平均線(18,769円前後)が強硬なサポートライン振りを発揮していることから、本日も75日移動平均線が支持線として下値を支え、上値は1週間の平均値である5日移動平均線(19,044円前後)回復を目指すことになるだろう。

 新興市場のジャスダック平均は、ボリンジャーバンドの-1σ(2,626ポイント前後)~中心線(2,656ポイント前後)のレンジ内取引となる公算だが、-1σを割り込んだ場合は-2σ(2,596ポイント前後)までの調整も視野に入ってくる。マザーズ指数は、200日移動平均線(882ポイント前後)が上値抵抗となり、~25日移動平均線(866ポイント前後)が目先の下値メドだが、25日移動平均線を維持出来なければ、一目均衡表の基準線が位置する、841ポイント近くまで下落する可能性もありそうだ。

 本日の予想レンジ 18,750円~18,950円。(ストック・データバンク 編集部)

【関連記事・情報】

日経平均