市場ニュース

戻る
2015年12月22日04時49分

【市況】NY原油:反発で34.74ドル、ドル安傾向のなか引けにかけて買い戻し優勢に


 NY原油は反発(NYMEX原油1月限終値:34.74↑0.01)。33.98ドルまで下落した後、34.86ドルまで上昇した。石油輸出国機構(OPEC)の生産量上限の事実上の撤廃、米国の原油輸出解禁決定、イランが欧米の経済制裁解除に増産方針を明言していることなどを受けて、世界的な供給過剰感による原油の売りが先行した。その後は、ユーロ高・ドル安傾向のなか、引けにかけて買い戻しが徐々に優勢になったもよう。



 なお、1月限は21日が最終取引。22日から取引の中心となる2月限の21日値動きは、高値が36.10ドル、安値が35.35ドル、引けは35.81ドルであった(前日比0.25ドル安)。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均