市場ニュース

戻る
2015年12月21日16時13分

【材料】GMO-AP、補助金収入や投資有価証券の評価益で経常利益予想引き上げも最終赤字に

GMO-AP 【日足】
多機能チャートへ
GMO-AP 【日中足】

 GMOアドパートナーズ<4784>は21日引け後、15年12月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の260億円から280億円(前期比17.9%増)へ、経常利益は2億4000万円から3億2000万円(同50.8%減)へ引き上げられた。

 補助金収入が予想より早期に給付を受けたことや、投資有価証券の評価益が当初の予想と比較し好調に推移したため、経常利益を押し上げた。ただ、同社で保有するソフトウェアおよびのれん等の無形固定資産に関する減損損失を特別損失に計上する見込みとなったことを主な要因して、純損益は従来予想のゼロから1億2000万円の赤字へ引き下げられた。同時に、従来未定としていた今期の配当予想を無配としている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均