市場ニュース

戻る
2015年12月21日14時39分

【市況】ハーモニックが5日続伸、11月の業績減額乗り越えて8ヵ月ぶり高値水準に浮上

 ハーモニック・ドライブ・システムズ <6324> [JQ]が5日続伸し4月24日以来8ヵ月ぶり高値水準に浮上。3月14日に付けた年初来高値2814円(権利落ち修正後では最高値)奪取も見えてきた。同社は産業用精密制御減速装置が主力。11月11日には、今2016年3月期連結経常利益は前期比1.7%減の74億円と従来予想を10億円減額修正したものの、株価は、8月に付けた年初来安値からの上昇基調をその後も維持しており、今月は300円超の調整場面を挟んだものの、再び、同社の精密制御装置の拡大期待の買いなどを背景に騰勢を強めてきたようだ。

 11月発表の14%増の55億円としていた従来予想からは一転、減益に下方修正した。中国などの電子機器メーカーの設備投資が一服し、4~9月期の受注が計画を下回った。下期に緩やかな受注回復を見込むが、通期の売上高も5%増の272億円と従来予想を18億円引き下げた。東洋経済「会社四季報」新春号では来17年3月期連結経常利益予想は80億円と2期ぶり最高益更新を予想しており、16年春に穂高工場の新棟を竣工、生産能力を25%増強と指摘。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均