市場ニュース

戻る
2015年12月21日13時31分

【市況】13時30分時点の日経平均は205円安、NTT、キャノンがしっかり


13時30分時点の日経平均は先週末比205.94円安の18780.86円。後場若干下げ幅を縮めてスタートすると、先物に買いも入り下げ幅を縮小、一時18800円を回復している。ただ上値は重い展開。日経平均が下げ渋るなか、マザーズ指数もやや戻しを見せているが、ジャスダック平均は今日の安値圏での推移。

売買代金上位銘柄は売り優勢。東芝<6502>は終日軟調で10%超の下げに。また、みずほ<8411>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>のメガバンクは戻りが鈍い。一方、NTT<9432>、キャノン<7751>がしっかりなほか、富士重<7270>がプラス圏を回復してきている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均