市場ニュース

戻る
2015年12月21日13時02分

【市況】13時時点の日経平均は先週末比203.44円安、さくらが上げ幅を一気に縮小


13時時点の日経平均は先週末比203.44円安の18783.36円で推移している。ランチバスケットは20億円の買い越し。上海総合指数が上げ幅を広げ先週末比+1.4%で取引を終えたことから、日経平均は前引け18664.32円より下げ幅を縮小している。

業種別では、石油・石炭、鉄鋼の2セクターがプラスで推移している一方、不動産、倉庫・運輸、精密機器、金属製品、医薬品、証券などがさえない。日経平均へのインパクトが大きい銘柄では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>が下げ幅を縮小。そのほか、さくら<3778>が売りで後場スタートするなど上げ幅を縮めている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均