市場ニュース

戻る
2015年12月21日12時19分

【市況】参加者限られ中小型株や材料株に集中しやすい/後場の投資戦略


日経平均 : 18664.32 (-322.48)
TOPIX  : 1513.41 (-23.69)

[後場の投資戦略]

 日経平均は売りが先行したものの、比較的底堅さが意識され、売り一巡後の切り返しなども期待されていた。しかし、市場参加者が限られる中では、小さいエネルギーでも大きく振れやすく、インデックスに絡んだ商いの影響を受ける。日経平均構成銘柄では210銘柄が下げており、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>などが弱い状況においては、反転は期待しづらいであろう。
 一方で、さくら<3778>、NTT<9432>、サイバダイン<7779>、アパマンショップ<8889>などが堅調。個人主体の物色意欲は根強いと考えられる。材料株などは資金の逃げ足が速いと考えられるが、参加者が限られてくる中では、中小型株や材料株に集中しやすいだろう。また、外部環境の不透明感等から、次第に内需系に向かいやすいだろう。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均