市場ニュース

戻る
2015年12月21日12時10分

【材料】東京海上、欧州大手証券は米HCC社新規連結で17年3月期以降のバリュエーション上昇を予想

東京海上 【日足】
多機能チャートへ
東京海上 【日中足】

 東京海上ホールディングス<8766>が続落。マイナススタートで始まり、その後も売りが優勢の展開。

 クレディ・スイス証券によると、セクターでは、自動車保険の予想以上の損害率改善により、国内損保事業の利益率改善余地は縮小していると指摘。同社に関しては、17年3月期に新規連結され米HCC社がRoNAVを引き上げる見通しのため、17年3月期以降、バリュエーションの水準は上昇すると予想。

 レーティング「アウトパフォーム」、目標株価5700円でカバレッジを再開している。
《MK》

株探ニュース



日経平均