市場ニュース

戻る
2015年12月21日10時45分

【材料】不動産株が軒並み安、“日銀狂想曲”の余韻引きずり業種別値下がり率トップ

三井不 【日足】
多機能チャートへ
三井不 【日中足】

 三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>など大手をはじめ不動産株が軒並み安。業種別値下がり率でトップに売られている。

 前週末の、日銀金融政策決定会合での緩和の補完措置を巡り、市場は乱高下したが、その影響を如実に受けたのが「日銀プレー」の対象である不動産セクターだった。採用54銘柄で構成される同セクターの指数は18日後場に3%を超える上昇をみせたが、大引けは安値引けで1.8%安に沈んだ。週明けのきょうもその余韻を引きずっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均