市場ニュース

戻る
2015年12月21日09時05分

【経済】原油価格、1バレル当たり20米ドルまで下落か


ロイター通信がエコノミスト120人を対象に実施した最新調査では、原油価格が来年に反発すると予測したエコノミストが少数派となり、一部では、来年1バレル当たり20米ドルまで低下するとの見方が示された。

また、人民元安(対米ドル)が一段と進むとの見方が優勢となり、中国経済の減速を受け、2016年の世界経済の成長率が3.4%まで鈍化するとも予測された。

米国の金融政策について、米連邦準備理事会(FRB)が来年3月に追加の利上げを実施すると予測された。一方、利上げペースについて、FRBなどが示唆したペースよりやや遅れるとの見方が優勢になっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均