市場ニュース

戻る
2015年12月18日15時24分

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、ラクスなどが安い

 18日大引けの東証マザーズ指数は前日比17.32ポイント安の875.87と3日ぶり反落。
 個別銘柄ではミクシィ<2121>、ブランジスタ<6176>、ラクス<3923>、あんしん保証<7183>が値下がり率上位に売られた。一方、ラクーン<3031>、ビリングシス<3623>、リアルワールド<3691>、アイリッジ<3917>がストップ高。パス<3840>、セレス<3696>、オープンドア<3926>、GMOメディア<6180>も値上がり率上位に買われた。
 きょう新規上場したアークン<3927>は公開価格と同じ1360円カイ気配でスタート、3130円カイ気配で引けている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均