市場ニュース

戻る
2015年12月18日14時34分

【市況】国内大手証券、商品市況反発の可能性に加え、やや円高ドル安に振れる可能性があると指摘

 SMBC日興証券では、米国の利上げを受け、現下のドルは将来の利上げをかなり織り込んだ水準と見られるため、円安ドル高の進行は考え難く、やや円高ドル安に振れる可能性があると指摘。

 これまでの商品市況の下落は基本的にドル高に沿った動きで、最近は世界景気悪化による需要減退も一部反映していることから、一段のドル高が進行せず世界景気の悪化懸念も減退すれば、商品市況反発の可能性もあると解説。

 円安ドル高の余地が限られるため為替感応度が高い銘柄は買い難いと考え、外部環境の影響をあまり受けない内需銘柄を投資戦略の軸に、市況関連を中心とした「リバーサル銘柄」(今期業績が悪く、来期の高増益が予想される銘柄)も有望と解説している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均