市場ニュース

戻る
2015年12月18日12時37分

【材料】高島屋、国内大手証券は百貨店事業の増益を想定、新目標株価は1110円に

高島屋 【日足】
多機能チャートへ
高島屋 【日中足】

 高島屋<8233>が小幅続伸。マイナススタートで始まったものの、安寄り後は買いが優勢の展開となっている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、国内百貨店事業はインバウンドの増収効果と第3四半期の経費削減効果もあり増益を確保すると予想。海外百貨店事業は上海・シンガポール店の不動産コストの下落が営業増益要因になるとみて、建装など百貨店以外の事業は概ね横ばいか若干の増益基調と解説。

 今後の注目点として、来春にJR新宿地域の再開発が完了した後の新宿高島屋の売上動向、来夏に開業予定のベトナムでの立ち上がり状況を取りあげ、レーティング「ニュートラル」を継続。目標株価を990円から1110円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均