市場ニュース

戻る
2015年12月18日09時18分

【為替】東京為替:ドル・円は122円53銭近辺で推移、リスク回避の円買いは拡大せず


ドル・円は122円53銭近辺で推移。日経平均株価は小幅高で推移しており、株安を警戒したリスク回避的な円買いが拡大する可能性は低いとみられている。ただし、日本を除くアジア諸国の株式が大きく下げた場合、ドルは伸び悩む可能性がある。日本銀行の金融政策は今回も現状維持の見込み。市場は織り込み済みで為替相場への影響は限定的とみられる。ここまでのドル・円は122円43銭から122円61銭で推移。

ユーロ・ドルは弱含み、1.0825ドルから1.0846ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、132円62銭ら132円82銭で推移。

■今後のポイント
・株安を警戒したリスク回避の円買いは拡大しないとの見方
・122円台前半で短期筋などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値34.87ドル 安値34.76ドル 直近値34.79ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均