市場ニュース

戻る
2015年12月17日19時58分

【市況】海外の好感受け続伸か、イベント通過で利益確定売りも


『米株式市場』


16日のNY市場は上昇。FRB(連邦準備制度理事会)は、FOMC(連邦公開市場員会)おいて予想通りにゼロ金利政策を解除し、利上げを始めることを全会一致で決めた。金融政策の方向性が明確になったことが好感された。ダウ平均は224.18ドル高の17749.09、ナスダックは75.77ポイント高の5071.13。


米利上げに対する各国市場の反応は概ねポジティブである。そのため、海外の好反応もあって、続伸で始まりそうである。ただし、NYダウは3日間で500ドル超の上昇となり、短期的な過熱感も意識されそうである。FOMCのイベント通過によって市場参加者は減少するほか、週末要因もあって商いは膨らみづらく、利益確定に向かう可能性もある。


経済指標では経常収支(7-9月)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数(12月)、新規失業保険申請件数(先週)、消費者信頼感指数(先週)、景気期待指数(12月)、景気先行指数(11月)が予定されている。予想は前月比で弱含みとなるとみられており、利益確定に向かわせる要因になりやすい。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均