市場ニュース

戻る
2015年12月17日14時29分

【材料】旭ダイヤが続伸、電着ワイヤ回復背景に週足GC

旭ダイヤ 【日足】
多機能チャートへ
旭ダイヤ 【日中足】

 旭ダイヤモンド工業<6140>が続伸で1400円台を回復、15日の安値1350円をターニングポイントに出直り態勢を明示している。同社の看板商品である電着ダイヤモンドワイヤ「エコメップ」は、高張力のワイヤに特殊技術でダイヤモンド砥粒を電着した細径の長尺ワイヤで、海外のLED向け需要を取り込み今下期の回復が見込まれている。「17年3月期はこのエコメップの回復が一段と強まる可能性が高く、それを先取りするかたちで中期スタンスの買いが流入しているもよう」(市場関係者)。テクニカル的にも12月早々に13種移動平均線と26週移動平均線のゴールデンクロスが示現しており、上昇トレンドを後押ししている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均