市場ニュース

戻る
2015年12月17日13時01分

【市況】日経平均は414円高で後場スタート、前引け値から若干上げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 19464.57 (+414.66)
TOPIX  : 1575.27 (+34.55)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を縮めて始まったが、引き続き高値圏での推移が続いている。ランチタイムの225先物は19450円を挟んでの狭いレンジでの推移が続いている。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル122円60銭辺りと、朝方からやや円安に振れて推移している。

 セクターでは33業種全てが上昇しており、保険、不動産、ゴム製品、陸運、電力ガス、食料品、水産農林、医薬品などの強さが目立つ。

 指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、エーザイ<4523>、ダイキン<6367>、テルモ<4543>、塩野義<4507>、京セラ<6971>などがけん引。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均