市場ニュース

戻る
2015年12月17日11時21分

【材料】ツルハHD、有力処は新規出店と活発なM&Aで成長が継続すると予想

ツルハHD 【日足】
多機能チャートへ
ツルハHD 【日中足】

 ツルハホールディングス<3391>が反発。買い一巡後は上げ幅を縮小する展開。

 いちよし経済研究所では、16年5月期6~11月期決算で営業利益が会社計画を若干下回る着地となったとなったことを受け、一見ネガティブだが一過性費用を既存店好調で吸収して小幅未達にとどめた形として、「同社の営業力の強さが実績数値に表れた」と評価。中長期では、新規出店と活発なM&Aによる拡大戦略推進で成長が継続するとみて、16年5月期営業利益を318億円(会社計画は299億7000万円)と予想。

 レーティング「A」を継続、フェアバリューを1万2200円から1万3100円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均