市場ニュース

戻る
2015年12月17日02時49分

【為替】NY為替:FOMC結果発表待ちでドル小動き、NY原油再び35ドル台、ダウ30ドル高


 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて、ドルは小動き。ドル・円は121円90銭前後、ユーロ・ドルは1.0930-35ドルでそれぞれドルの高値圏でもみ合いが継続した。


 NY原油価格は37ドル台前半から35ドル台へ再び下落。一時150ドル超上昇していたダウ平均株価は米国東部時間午後12時30分現在33ドル高と、上昇幅を縮小。米10年債利回りは2.257%から2.304%へ上昇し3日来の高水準となった。


 米連邦準備制度理事会(FRB)は今回の連邦公開市場委員会(FOMC)で2006年6月以降ほぼ10年ぶりの利上げに踏み切ると見られている。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均