市場ニュース

戻る
2015年12月16日16時40分

【経済】【訪日外客数】11月は前年同月比41.0%増の164万7600人、19市場が昨年の累計を上回る


日本政府観光局(JNTO)が16日に発表した2015年11月の訪日外客数は、前年同月比41.0%増の164万7600人となった。これまで11月として過去最高だった2014年の116万8427人を約48万人上回った。1月~11月の累計は1,796万4400人で過去最高だが、2014年の年計1,341万3467人は9月で達成している。

11月は学校休暇によりマレーシアやフィリピンの訪日旅行者数が大きく増加したほか、紅葉鑑賞などを目的とした訪日需要増で、多くの市場で順調な伸びを見せた。また、円安基調の継続や消費税免税制度の拡充による買い物需要、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がり、査証免除や要件緩和など様々な好条件があいまった。

市場別では、ロシアを除く19市場が11月として過去最高を更新したほか、マレーシアは単月としても過去最高を記録した。また、11月までの累計では、19市場で昨年の累計を上回った。

12月は、シンガポール、マレーシア、インドネシアからの学校休暇を利用した旅行や、香港やカナダからのクリスマス休暇を活用した訪日需要増が期待される。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均