市場ニュース

戻る
2015年12月16日12時46分

【材料】中国銀行が反発、国内大手証券がカバレッジ開始、概ね安定した業績動向と解説

中国銀 【日足】
多機能チャートへ
中国銀 【日中足】

 中国銀行<8382>が3日ぶりに反発。きょうはTOPIX33業種中、「銀行業」の値上がり率が上位となっている地合いで、岡山県最大の地銀の同行も堅調展開となっている。

 SMBC日興証券は、中国銀行の目標株価1700円、投資評価「2」(中立)でカバレッジを開始するとのリポートをリリースしている。同証券は、16年3月期業績についてはほぼ会社計画並みを見込むとしたうえで、17年3月期業績については、資金利益をはじめ全体でやや減益と予想するものの、上方修正前の16年3月期の期初計画とほぼ同水準の純利益を見込んでおり、「概ね安定した業績動向と言ってよいだろう」と解説している。

 ただ、直近の株価が地銀他行同様にTOPIXをアンダーパフォームして推移している点については、バリュエーション面を考慮すると概ね妥当圏と考える、としている。
《MK》

株探ニュース



日経平均