市場ニュース

戻る
2015年12月16日12時15分

【市況】次第に中小型株やフィンテックなどテーマ株にシフトか/後場の投資戦略


日経平均 : 18961.83 (+395.93)
TOPIX  : 1535.97 (+33.42)

[後場の投資戦略]

 日経平均はギャップ・アップで前日の下落部分を一気に吸収し、その後は5日線レベルを捉えてきている。一目均衡表では雲上限を突破してきており、売り方の買い戻しも入りやすい需給状況のようである。また、米利上げが確実視されるなかで、メガバンクなど金融セクターが堅調に推移していることも買い安心感につながる。
 ただし、インデックスに絡んだ商いが中心のため、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、ファナック<6954>などのインパクトが大きい。そのため、日経平均が400円近く上昇する中でも、やや手掛けづらさもあるとみられる。日経平均が19000円を捉えたとしても、FOMCの結果待ちのなかでは一段の上昇は考えづらく、次第に中小型株やフィンテックなどテーマ株にシフトしやすいだろう。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均