市場ニュース

戻る
2015年12月16日10時22分

【材料】明豊エンターがマドを開けて大幅続落、第1四半期の赤字幅拡大を嫌気

明豊エンタ 【日足】
多機能チャートへ
明豊エンタ 【日中足】

 賃貸アパート開発が主軸の明豊エンタープライズ<8927>がマドを開けて大幅に3日続落。15日引け後、16年7月期第1四半期(8~10月)の連結決算を発表、売上高は前年同期比21.2%減の4億6000万円、営業損益は9800万円の赤字(前期は4800万円の赤字)となり、赤字幅が拡大したことが嫌気されているようだ。

 主力事業の不動産分譲事業で、MIJAS(ミハス)シリーズを始めとする収益用不動産の引渡時期が、第3四半期以降に集中するため、第1四半期の売上高は相対的に小さくなっているとしている。また、同事業のセグメント損益は5700万円の赤字(前年同期は2500万円の赤字)となった。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均