市場ニュース

戻る
2015年12月16日10時23分

【為替】東京為替:ドルは121円76銭近辺で近辺、東京株高継続で円買いは抑制


ドル・円は121円76銭近辺で推移。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。日経平均株価は328円高で推移しており、株高継続を意識してドル売り・円買いは抑制されている。日本時間17日未明に米利上げが決定される見込みとなっており、リスク回避的な円買い・ドル売りが増える状況ではないとみられる。ここまでのドル・円は121円59銭から121円91銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.0923ドルから1.0938ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、132円89銭から133円19銭で推移。

■今後のポイント
・株高は想定の範囲内もリスク選好的な円売り継続との見方
・米利上げを想定してドル買い優勢との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値36.91ドル 安値36.73ドル 直近値36.83ドル

【要人発言】
・安倍首相
「北方領土、柔軟対応を」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均