市場ニュース

戻る
2015年12月16日10時16分

【材料】イハラケミカルが反落、16年10月期は増収減益の見通し

イハラケミ 【日足】
多機能チャートへ
イハラケミ 【日中足】

 イハラケミカル工業<4989>が反落。売り気配でスタートし、下げ幅を縮小しているものの軟調展開。15日引け後、16年10月期の連結業績見通しを発表、売上高は前期比28.1%増の527億円、営業利益は同6.8%減の46億円と増収減益の見通しを示し、嫌気されているようだ。

 今期の配当予想は13円(中間期6円、期末7円)で、前期の12円と比べ1円の増配となる。同時発表の、15年10月期の連結業績は売上高がその前の期と比べ12%増の411億3100万円、営業利益は同43.3%増の49億3300万円となった。販売予測を反映した調達・設備投資の最適化や、調達・生産面での継続的な原材料削減努力により既存製品及び新製品の採算性を強く意識した取り組みの推進強化に努め、増収につながった。収益面では、農薬事業における近年上市した海外向け畑作用除草剤の需要増で利益を押し上げた。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均