市場ニュース

戻る
2015年12月16日00時16分

【市況】【市場反応】米12月NAHB住宅市場指数予想外の低下、ドル伸び悩む


 外為市場では予想を下回った米国の住宅関連指標を受けてドルは伸び悩んだ。ドル・円は121円45銭の高値から121円35-40銭へじり安。ユーロ・ドルは1.0944ドルへ下落後は1.0950-55ドルで下げ止まった。


 米全米住宅産業協会(NAHB)が発表した12月NAHB住宅市場指数は61と予想外に11月62から低下。9月来で最低となった。10月に10年ぶりの高水準を達成したのち、上昇ペースが緩和しつつある。

【経済指標】
・米・12月NAHB住宅市場指数:61(予想:63、11月:62)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均