市場ニュース

戻る
2015年12月15日13時46分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・山井議員:2009年9月-2012年12月までの実質GDPの伸びは5.7%


民主党の山井議員は「私の質問に対し政府から回答が来た。2009年9月-2012年12月まで(民主党政権3年間)の実質GDPの伸びは5.7%。2012年12月-2015年9月まで(安倍政権3年間)の実質GDPの伸びは2.4%。アベノミクスは失敗」とツイート(12/14)

安倍政権はいくつもの「成長戦略」を掲げたものの、消費税率の引き上げを実行したことで日本経済は強い打撃を受けた。ただし、株式市場を味方につけたことで低い経済成長率でも市場から厳しい批判は出ていない。株式市場にとって「成長戦略」は商材であり、好都合だったが、TPPは漂流濃厚とありつつあり、市場が好感するような新たな戦略を打ち出すことは難しくなっている。米利上げ後の世界の金融市場の動向は日本の株式市場にも大きな影響を与える可能性がある。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均