市場ニュース

戻る
2015年12月15日11時21分

【材料】長谷工コーポ、欧州大手はマンション施工品質懸念が生じた場合こそ同社の評価が高まると指摘

長谷工 【日足】
多機能チャートへ
長谷工 【日中足】

 長谷工コーポレーション<1808>が一時、全面安の中プラス圏で堅調な値動きとなっていたものの、25日移動平均線に近づくと上値が重いようだ。現在は前日終値近辺で小動きとなっている。

 クレディ・スイス証券では、同社は業界トップクラスのマンション施工品質を誇ると評価。マンション市場全体において、マンションの施工品質に対する懸念が生じた場合こそ、同社の評価が高まる局面と考え、16年3月期営業利益予想を574億円から683億円(会社計画は670億円、市場コンセンサスは650億円)に引き上げた。

 レーティング「アウトパフォーム」を継続、目標株価は1800円から1600円に調整している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均