市場ニュース

戻る
2015年12月14日15時42分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):浜ゴム、昭電工、モルフォ、フルスピード

■横浜ゴム <5101>  1,942円  -42 円 (-2.1%)  本日終値
 横浜ゴム<5101>が反落。原油安はタイヤの原料となる石油由来の「合成ゴム」の価格下落などにつながり、タイヤメーカーにとっては追い風だが、足もとのタイヤ販売が国内外で苦戦していることから業績の悪化懸念が膨らんでいる。北米やアジアに加え国内市販用タイヤの販売がさえず、15年12月期の連結純利益は会社計画330億円に対し前期比21%減の320億円前後と未達を予想する見方が浮上。16年12月期純利益も330億円前後と小幅な回復にとどまるとの見通しも出ている。

■昭和電工 <4004>  147円  -2 円 (-1.3%)  本日終値
 昭和電工<4004>は全般波乱相場のなか5日続落。ただ下値では、値ごろ感からの押し目買いも観測され下げ渋っている。同社は11日、中期計画を発表、2016年からスタートする5カ年計画のなかで、電子材料用高純度ガス、機能性化学品、アルミ缶の3つの事業について事業規模の急速な拡大を目指すほか、将来大きな市場成長が見込まれるリチウムイオン電池、パワー半導体Sicの2事業は、事業・技術開発の両面から競争優位性のあるビジネスモデルの確立を実現するとしている。両事業の売上高を18年までに30%増加させ、営業利益を倍増させる計画を示しており、押し目買いの根拠となっている。

■カカクコム <2371>  2,311円  -29 円 (-1.2%)  本日終値
 カカクコム<2371>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、直近の株価上昇は、安定成長に加え電力自由化による収益貢献というカタリストの存在があったと指摘。現在の株価水準は電力自由化による売上寄与への期待を既に織り込んだとの見方で、同証券カバレッジセクター内で今後の株価パフォーマンスは相対的中位になると予想。レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を1750円から2300円に引き上げている。

■山加電業 <1789>  436円  +80 円 (+22.5%) ストップ高   本日終値
 山加電業<1789>がストップ高。午後1時ごろ、太陽光発電所建設工事の大型案件を受注したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。今回受注したのは、LG CNSジャパン(東京都中央区)が福島県白河市に建設する大規模太陽光発電所(自営送電線路を含む)工事で、受注金額は約41億8000万円。16年9月期から17年9月期にかけて工事進行基準により計上する予定だという。なお、16年9月期業績予想には既に織り込み済みとしている。

■インベスターズクラウド <1435>  3,890円  +700 円 (+21.9%) ストップ高   本日終値
 インベスターズクラウド<1435>がストップ高、上場来高値を更新した。全般相場悪化の中、値動きの良い直近IPO銘柄として短期資金が集中しているもよう。また、前週末11日の取引終了後にはアパート経営プラットフォームの「TATERU(タテル)」が新規エリア展開として広島エリアに進出し、第1号物件が完成したと発表しており、クラウド活用による無店舗型エリア展開拡充による業績への寄与を期待した買いも入っているようだ。

■モルフォ <3653>  4,815円  +700 円 (+17.0%) ストップ高   本日終値
 11日、モルフォ <3653> [東証M]が決算を発表。15年10月期の連結経常利益は前の期比2.4倍の7.8億円に急拡大して着地。続く16年10月期も前期比21.0%増の9.5億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。今期も海外スマートフォンメーカー向けに手ぶれ補正など画像処理ソフトのロイヤリティ収入が伸び、22.7%の大幅増収を見込む。同時に、デンソー <6902> と資本業務提携すると発表。デンソーを割当先とする26万1800株の第三者割当増資を実施する。調達資金約12億円は研究開発投資や運転資金などに充てる。

■フルスピード <2159>  692円  +100 円 (+16.9%) ストップ高   本日終値
 11日、フルスピード <2159> [東証M]が決算を発表。16年4月期上期(5-10月)の連結経常利益が前年同期比2.2倍の4.4億円に急拡大して着地したことが買い材料。利益率の高い広告自動配信システムの販売が好調だったアドテクノロジー事業が収益を牽引した。インターネットマーケティング事業の収益回復も大幅増益に貢献した。

■アパマンショ <8889>  1,130円  +150 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値
 アパマンショ <8889> [JQ]が連日ストップ高まで買われている。9日、「民泊」と「短期・中期」賃貸のサイトをオープンしたと発表したことが引き続き買い材料視された。同社は契約期間2年の従来の賃貸物件に加え、中期賃貸(契約期間1年~)の区分となる「ダブル0」、短期賃貸(契約期間1ヵ月~)の区分となる「マンスリー」、民泊の区分となる「APAMANB&B」ごとに物件情報を検索できるサイトをリリースした。「民泊」解禁に向けて政府によるルール作りが本格化するなか、関連株として注目を集めている。株価は150円ストップ高の1130円買い気配。

●ストップ高銘柄
 インフォテリア <3853>  613円  +100 円 (+19.5%) ストップ高   本日終値
 モルフォ <3653>  4,815円  +700 円 (+17.0%) ストップ高   本日終値
 フルスピード <2159>  692円  +100 円 (+16.9%) ストップ高   本日終値
 アイサンテクノロジー <4667>  7,060円  +1,000 円 (+16.5%) ストップ高   本日終値
 アパマンショ <8889>  1,130円  +150 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値
 など、7銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均