市場ニュース

戻る
2015年12月14日12時05分

【市況】高岡隆一の【今日のポイントとヒント】 「調整一巡となるか、分水嶺の週」


◆今週は非常に重要。スケジュールでは15~16日のFOMC、17~18日の日銀金融政策決定会合と続く。1万9000円割れが買い場となるだろうか……。

◆日米株価の日足や週足テクニカルは調整不十分。この不足感を吹っ飛ばす材料、これがなければ株価は均衡点を求めて「値幅+日柄整理」を継続しよう。

◆FRBは利上げはするが、市場を落ち着かせるような行動を取る。ETFを購入し買い支え資金が枯渇した日銀も、数兆円単位で追加枠を設定し即刻買いを入れる。こうした安心感を誘う対策は当然実行されよう。

◆政策当局の良識に期待するなら、今週で調整一巡の可能性がある。しかし、先日のECB(追加緩和策)ではないが、期待が失望に変わる対応・声明なら調整は暫く続く。

◆リスクを取れる方は上記結果を見ずに日経平均1万9000円割れの押し目を買う。だが、安全策なら週末まで待つ。どちらが正解となるか怖くもあり、楽しみな週になりそうだ。

2015年12月13日 記

情報提供:高岡隆一の株価天気予報

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均