市場ニュース

戻る
2015年12月14日09時21分

【特集】船井総研HD Research Memo(10):若くして活躍できる場所


■会社概要

(5)ビジネスモデルの特徴3:人材マネジメント

経営コンサルティング事業の原動力は言うまでもなくコンサルタント(人材)である。船井総研ホールディングス<9757>もコンサルタントの増加とともに売上を伸ばしてきた。現在、500名を超えるコンサルタントを擁し、同業では日本最大規模である。かつて同社では“スーパースター”コンサルタントに依存する時代もあったが、現在では早期に累積経験を積める仕組みも整っており、チーム全体で付加価値を生み出す体制になった。就職企業人気ランキングで93位(ダイヤモンド社、2015年、文系男子、10年連続100位以内)であり、中途も含めて採用に支障はない。平均勤続年数も7.5年前後で推移しており、コンサルティング業界にありがちな人材流出の傾向も見られない。

経営研究会、ズバリソリューション、人材マネジメントが相互に絡み合って、強固なビジネスモデルを構築している点が同社の強みである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均