市場ニュース

戻る
2015年12月14日06時32分

【市況】11日のNY市場は大幅下落


NYDOW  : 17265.21 (-309.54)
NASDAQ  : 4933.47 (-111.71)
CME225  : 18680 (-530(大証比))

[NY市場データ]

11日のNY市場は大幅下落。ダウ平均は309.54ドル安の17265.21、ナスダックは111.71ポイント安の4933.47で取引を終了した。原油先物価格が36ドルを割り込み約7年ぶりの安値を付けたことで売りが先行。ジャンク(ハイイールド)債に投資する債券ファンドが流動性の枯渇を理由に解約を制限し、清算する方針を明らかにしたことも嫌気され、終日軟調推移となった。セクター別でも全面安となっており、特にエネルギーや各種金融の下落が目立った。シカゴ225先物清算値は大証比530円安の18680円。ADRの日本株はトヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、野村HD<8604>など、対東証比較(1ドル121.01円換算)で全般軟調。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均