市場ニュース

戻る
2015年12月13日09時00分

【注目】今週の「妙味株」一本釣り! ─ データアプリ

データアプリの日足チャート 「株探」多機能チャートより

●データアプリ <3848> [JQ]  【目標株価】2200円(11日終値1728円)

「電力小売り自由化関連としてマーク」

 データ・アプリケーションを来年4月から始まる電力小売り自由化の関連銘柄としてマークしたい。

 電力小売り自由化では中立的民間機関である広域機関が主体となって電力システム改革が行われ、同時に「スイッチング支援システム」と「広域機関システム」が稼働を開始するが、同社は両システムとの連携を効率化できる統合EDI(電子データ交換)ソフトの提供を開始している。

 足もとの業績は、ソフトウエア製品の売り上げ伸長などを背景に好調。16年3月期上期(4-9月)の連結営業利益は3億9800万円(前年同期比2.1倍)で、通期計画5億1900万円に対する進捗率は76.7%に達している。


●ニチモウ <8091>  【目標株価】260円(11日終値200円)

「底練りから浮上の機近づく」

 ニチモウは底値鍛錬十分で上放れ前夜に仕込みたい。同社は水産物販売と漁業用資材(漁網など)の2部門を収益の主柱としているが、いずれも好調。水産品はカニなどの価格上昇で利益採算が向上しており、漁網の売り上げも伸びている。

 16年3月期は営業利益段階で前期比53%増の13億円を予想。PBRは0.5倍前後と解散価値の半値水準に放置される一方で、配当利回りは2.5%と高い。

 7-9月期業績が低調で11月前半の株価急落につながったが、これは海洋事業部門の納入ずれ込みなどで、下期に盛り返しが想定される。株価好調な日水 <1332> との連携も密接で展開力に富む。

株探ニュース

日経平均