市場ニュース

戻る
2015年12月12日02時32分

【為替】NY為替:リスク回避の円買い加速、ジャンク債市場への警戒


 外為市場ではリスク回避の円買いが加速した。ドル・円は121円60銭近辺から120円59銭まで下落し、11月初旬以来の安値を更新。ユーロ・円は133円35銭から132円66銭へ下落し、12月3日来の安値を更新した。


 来週開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げがほぼ確実となる中、ジャンク債市場への警戒感が高まった。サードアベニューマネージメントは9日、「サード・アベニュー・フォーカスト・クレジット・ファンド(FCF)」の運用資産の一部について、清算受託者の下に移管し、清算を進めると発表。金融危機に見舞われた2008年以来で最大のファンド清算と報じられている。


 また、南アフリカの大統領が財務相を解任したことを嫌った金融危機も引き続き懸念材料となっており、南アフリカランド円は7円55銭まで下落し過去最安値を更新した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均