市場ニュース

戻る
2015年12月11日11時04分

【材料】アルフレッサが4日ぶりに反発、「感染症3種類を判別する検査キットを開発」

アルフレッサ 【日足】
多機能チャートへ
アルフレッサ 【日中足】

 アルフレッサ <2784> が4日ぶりに反発。日経産業新聞が11日付で「医薬品卸大手のアルフレッサホールディングス(HD)はインフルエンザやアデノウイルスなどの感染症を調べる3種類のキットを開発、販売を始めた」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「判別の性能を高め、患者から粘膜を1回採取すれば、3種類のキットにそのまま使える特徴を持つ」という。検査時間の短縮による医療機関への販売拡大に期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均