市場ニュース

戻る
2015年12月11日07時39分

【為替】NY為替:ドル・円は121円61銭、米株高で安心感、利回り上昇に伴うドル買い再燃


 10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、121円25銭から121円67銭まで上昇し121円61銭で引けた。米国の週次新規失業保険申請件数が予想を上回ったことを嫌ったドル売りが一時強まった。その後、株式相場の上昇で安心感が広がり、債券利回り上昇に伴うドル買いが再燃した。


 ユーロ・ドルは、1.0973ドルから1.0925ドルまで下落して1.0941ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)の定例理事会の結果を受けたユーロの買い戻しが一段落したほか、米国債券利回りの上昇に伴うドル買いが再燃した。ユーロ・円は、133円13銭から132円84銭へ下落した。


 ポンド・ドルは、1.5160ドルから1.5188ドルへ上昇した。英国中央銀行の議事録をハト派寄りとみて、一時ポンド売りが優勢となった。ドル・スイスは、0.9878フランへ下落後、0.9899フランへ上昇した。スイス国立銀行は政策金利を据え置いたが、一部では追加利下げも予想されていたため、一時フラン買いが優勢となった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均