市場ニュース

戻る
2015年12月10日18時40分

【テク】日経平均テクニカル:大幅続落、ボリバンの-2σを割り込む


10日の日経平均は大幅続落。マドを空けての下落となり、ボリンジャーバンドでは-2σを割り込んでいる。一目均衡表では遅行スパンの下方転換シグナル発生の確率が一段と高まっている。雲のねじれが18600円近辺に位置しており、それに接近する形状をみせてきている。新値足では陰線が4本積み上がっている。MACDは-112とマイナス圏に入ってきており、調整が本格化する可能性が高まってきている。ボリンジャーバンドの-2σ割れで短期的な売られ過ぎが意識されそうだが、調整が長引く展開が意識されてくる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均