市場ニュース

戻る
2015年12月10日16時20分

【特集】イデアインター Research Memo(8):成長投資のため無配予定だが、株主優待制度の内容を拡充


■株主還元

イデアインターナショナル<3140>は株主への利益配分については、現金配当を基本方針としているものの、現実には、過去においては成長投資に向けた内部留保充実を理由に、また、最近においては累積損失を理由に、無配が続いている状況だ。2016年6月期も無配を予定している。

そうしたなかで、同社は株主優待制度を導入している。これは現金配当が可能になるまでにはしばらく時間がかかると想定される一方で、期間損益の改善には一定の道筋が見えてきたことへの自信の表れであると弊社では理解している。2016年6月期から制度の一部をより積極的な内容に変更した。具体的には、ランクを拡大するとともに、権利確定のタイミングを年2回から1回に統合して金額を200%高額なものとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《RT》

 提供:フィスコ

日経平均