市場ニュース

戻る
2015年12月10日14時25分

【市況】14時25分時点の日経平均は241円安、後場の値幅49円とこう着感の強い展開


14時25分時点の日経平均は前日比241.07円安の19060.00円。後場の値幅は49円とこう着感の強い展開が続いている。規模別株価指数では大型株の下げ幅が相対的に小さい。また、ジャスダック平均も終日マイナス圏での推移だが、じりじりと下値を切り上げている。後場の上海総合指数はやや上げ幅を広げ0.4%高で推移。

東証1部の騰落状況は値上がりが355銘柄、値下がりが1461銘柄と8割弱が下落。値上がり上位にはキョーリンHD<4569>、ダウケミカル<4850>、リニカル<2183>、TDCソフト<4687>、TOW<4767>、値下がり上位には東亜ディーケー<6848>、浜ゴム<5101>、東建コーポ<1766>、神栄<3004>、TSIHDがランクイン。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 355
値下がり数 1461
変わらず 107
値付率 100.0%

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均