市場ニュース

戻る
2015年12月10日13時31分

【市況】13時30分時点の日経平均は220円安、ソフトバンクG、東京海上、東芝などプラス圏で推移


 


13時30分時点の日経平均は前日比220.78円安の19080.29円。後場は依然安値圏での推移となっているが、19030-19125円のレンジ内での値動きとなっている。明日のSQを控えこう着感の強い展開に。日経平均がさえないなか、マザーズ指数は反発を見せている。

売買代金上位銘柄は売り優勢だが、後場一段安とはならず。一方値上がりは、SOSEI<4565>、ソフトバンクG<9984>、インフォテリア<3853>、東京海上<8766>、NTT<9432>、東芝<6502>の6銘柄。また、みずほ<8411>が一時プラスに転じる場面も。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均