市場ニュース

戻る
2015年12月10日13時21分

【材料】カシオが大幅続落、米格付け大手の格上げ発表も8日の最高値更新後は利益確定が売り続く

カシオ 【日足】
多機能チャートへ
カシオ 【日中足】

 カシオ計算機<6952>が大幅続落。朝方から売りが先行、後場も一段安となり6日ぶりに2700円台割れでの推移となっている。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日に同社格付けを「トリプルB」から「トリプルBプラス」に1段階引き上げたと発表したものの、直近では9月安値から今月8日の上場来高値2884円に797円(38.1%)と大幅高となっていたことから、前日に続き利益確定売りが先行しているようだ。

  S&Pでは時計事業の好調を背景に収益が改善していることを評価したものの、今2016年3月期第1四半期(4-6月期)連結経常利益は前年同期比43%増と伸び、11月発表の7-9月期も26%増の122億円と伸びたことから、機関投資家から個人投資家まで幅広い買いに今月前半にかけ株価は大きく上昇していた。格上げ発表もいったん遅出しとみた売りを誘った格好となった・・。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク

【関連記事・情報】

日経平均